chapon-1

 

   chapon-2

フランス・パリで30年以上愛され続けるCHAPON(シャポン)のチョコレート。手がけるのはチョコレート職人のパトリス・シャポンです。世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」で2007年・2011年にグランプリを受賞している彼のチョコレートが日本で楽しめることに!日本第1号店となるシャポン自由が丘店 カフェ&ブティックは2017年1月6日オープンです。

chapon-3

BeantoBar(ビーントゥーバー)とは、「自社工場内で豆の焙煎、加工までを行う」チョコレートの製造工程のこと。シャポンでは名前の通り、豆の厳選からバー(チョコ)を作るところまで一貫して行い、質の高いチョコレートを提供しています。

シャポン自由が丘店では20種類以上のタブレット(板チョコ)のほか、おしゃれなデザインで贈り物に最適なボール型ショコラの購入が可能。

chapon-4

chapon-5

また、併設のカフェでは4〜5パターンのタブレットの食べ比べや、フランス直輸入のボンボンショコラの食べ比べを楽しむことができます。今後フランスのパリ本店でしか食べることのできなかったショコラムースが追加されることが決まっています。

chapon-6

ブティックで購入できるチョコレートやカフェで楽しめるメニューは随時増えていく予定。バレンタインを来月に控え、義理・本命・友チョコを贈る予定の乙女たち、要チェックですよ!

■シャポン自由が丘店 カフェ&ブティック
住所:東京都目黒区自由が丘2-8-8 102
営業時間:年中無休 11時~20時
http://chocolat-chapon-jp.packarts.net/

 

 

 

Comment(0)